【NOW ROOM業務提携】空席をワークスペースとして予約できるワークスルーと業務提携

レストランやホテルのラウンジなどのワークスペースを、40%OFFでの予約を実現

初期費用0円、5秒で家が見つかるアプリNOW ROOM(株式会社NOW ROOM、本社:東京都渋谷区、代表取締役:千葉史生)は、この度、レストランなどの飲食店やホテルのラウンジなどの空席をワークスペースとして予約できるスマホアプリ「ワークスルー」β版を提供する「ワークスルー」プロジェクト(代表:加々本雄太郎)と業務提携致しました。これにより、NOW ROOMや、お試しで1週間1万円から気軽に新しい暮らしを体験できる「お試しNOW ROOM」の利用者様は、ワークスルーを40%OFFで利用することが可能になります。

 

・ワークスルーについて:https://work-thru.com/

ワークスルーは、希望する店舗と利用日時、カウンターやテーブル席、個室などの席タイプを選択するだけで、レストランなどの空席をワークスペースとして30分から予約することができるスマホアプリです。予約したワークスペースを確実に利用することができるため、外出中にパソコン作業などを行う場所を探す時間や手間が掛からず、業務の生産性の向上につながります。ワークスルーで予約可能なワークスペースは、個人作業だけではなく、商談や打ち合わせなどにも利用いただくことが可能で、無料のWi-Fiサービスが完備されている他、多くの場合、電源も利用できます。

「ワークスルー」の特徴は、3つです。https://work-thru.com/

1「事前予約」:最大1週間前から事前予約可能

2「Wi-Fi、電源環境」:全スペースでWi-Fi完備、電源席も多数用意

3「注文不要」:フードやドリンクの注文も不要

※ 「ワークスルー」は、SBイノベンチャー株式会社が事業化検討中のβ版サービスで、今後一定の基準を満たした場合 に、正式サービスとして提供する予定です。

 

・NOW ROOMのサービス紹介:(https://nowroom.jp/)

NOW ROOMは、初期費⽤0円、5秒で家が⾒つかる賃貸アプリです。 初期費用がないため、通常の賃貸と比較して2年以内であればNOW ROOMがお得となります。また、ホテルを予約するようにアプリで入居まで完結できる点が魅力です。掲載されている部屋も普通賃貸・マンスリーマンション・シェアハウス・⺠泊・ホテルがあり、既に都内を中⼼に全国で15,000室を超える部屋が掲載されています。 フリーランサーや外国籍の滞在者の増加や働き方の多様化によりニーズの増加を受け、5⽉中旬のリリースから15,000名以上の方々にご利⽤登録いただいています。また、お試しで1週間1万円から気軽に新しい暮らしを体験できる「お試しNOW ROOM」も提供しています。お試しNOW ROOMのサービスサイトはこちら:https://otameshi.nowroom.jp/

 

NOW ROOMの特徴はシンプルに3つです。

1「速い」:アプリで完結

2「安い」:初期費用なしで家具家電付き

3「多い」:全国15,000室

(アプリのダウンロードはこちら:https://nowroom.jp/

 

【会社概要】

会社名:株式会社NOW ROOM
設立 :2019年7月1日
所在地:東京都渋谷区初台1-9-3
代表者:千葉 史生
理念 :One World, Live Anywhere 暮らすを自由に
URL  :https://corporate.nowroom.jp/
事業内容:NOW ROOMの開発・運営
NOW ROOMサービスサイト:https://nowroom.jp/
施設オーナー様掲載体験Blog:https://nowroom.jp/host/interview/01
NOW ROOM公式SNSアカウント:
– Twitter:https://twitter.com/nowroom_jp?s=21
– Instagram:https://instagram.com/nowroom?igshid=2qcl5dkc2yuo
– Facebook:https://www.facebook.com/NOW-ROOM-122512786107876/

プロジェクト名:ワークスルー
事業責任者  :加々本雄太郎
URL     :https://work-thru.com/